アルバム『サーカス』

2016.11.23 発売

20年の時を経て 友川カズキ カバー再び

 

中原中也「サーカス」「六月の雨」収録。

石塚俊明(頭脳警察)、ロケット・マツ(パスカルズ)を迎え、火取ゆきと3ピース初レコーディング。6曲(¥2.000)税込.

ライナーノーツ 友川カズキ

 

※『サーカス』は多数webショップでも販売しています。

 

  20年前友川さんディレクターのもとレコーディングした『今すぐわたしを見て』では、初めて歌う曲も多く、友川さんがギターやボイスで参加され、後ろに凶器がいるようだった・・・。「1回しか弾かないから」と言われ歌ったことが、今でも鮮明に記憶に焼きついています。あれから20年「ワルツ」や「海みたいな空だ」を歌い続け、10年前に『今すぐわたしを見て』が完売、その後ツアーであちこち回る度、「ワルツの入っているアルバムはないのですか?」「ワルツの入っているのが欲しい」と言っていただくことがとても多く、改めて再カバーをレコーディングする決意をしました。
 
『今すぐわたしを見て』は30代、今回の『サーカス』は50代、年月が流れた分、〈大人なアルバム〉に仕上がった、と思います。


『サーカス』
曲目  1.サーカス 2. 海みたいな空だ
          3. 地球がおかしい 
4. 花火 5. 六月の雨 6. ワルツ


 

ギター窓からみえる景色
            火取ゆきの ちっちゃなちっちゃな  日めくり
たいなブログ  時々更新! 

 術後1ヶ月。新元号「令和」になり、そんなこんなの日々の中、呟きみたいに、こんなことを考えるでもなく、教わったでもなく、頭が勝手に言い出した。即座にメモった。今回は、これをブログしようと、思います。
 未来はあるから、変えられる。そうだね。言われていてすでに見えてしまっているような未来は未来とは言わないんだ。変わり続け、生まれ続ける時間の先に形として未来を提示できるとしたら、どこまで行っても未来を形にできない。やっぱり、今の明日どうしたいか明日はどうなっていたいかの積み重ねが未来と真逆の未来を作るんだ。どうのこうのいったって、こんな未来を作りたいをやりたい。自分で未来を考えたい。作りたい。何をやりたいか、なにを求められているか、自分の力を信じよ。
 夢の値段は高値で。安売りしちゃいけない。高く見積もれ!!…これは夢を追いかける人が未来を作るから。これでいいということはないからね。まだまだあるんだ、先に行く必要も道も命も魂も。未来に魂と肉体を、死ぬな人類。安らぐな人間。耕せよこのビルを、放てよ、この国に、あの国に、突き刺せよ、矢を!命より大切なもののために命があるということを思い出せ!
 時間が立体になっていく、球体になると、あるコースは短縮だったり、長距離だったり、コースは未知数だ。成せばなる!!

 

 

2019年 LIVE情報

※2019年ライブスケジュールは、火取の心臓手術のため、しばらく未定です。

ライブ活動再開の際は当HPにしてお知らせいたします。

 

 

 

MJさんより、2017.8.21 三軒茶屋HEAVEN'S DOOR 『地下室ノ表現者たち vol.18』での

映像を You Tube にUPしていただきました。即効バンド(石塚さん、狩俣さん、小池さん、アベさんと)で『祈り』です。火取は座って歌っています。
→  2017.8.21『祈り』(You Tube)
 

 

※↑画像をクリックすると大きくなります。

当HPの画像及び文章等の転載はご遠慮ください。